TOP > 住宅用太陽光発電について > 失敗しないための住宅用太陽光発電のポイント

失敗しないための住宅用太陽光発電のポイント

住宅用太陽光発電システムを設置して成功なのか、失敗なのか、本当のところ設置してみなければ分かりません。
導入を検討するには、契約段階での説明にウソ・偽りがあってはならず、設置後の失敗談を事前に知っておくことで決心がつくかとも思えます。
特に、戸建てにおいては訪問販売での契約が少なくありません。
住宅用太陽光発電システムに関して、パネル代から工事費などの説明があやふやで、実際に売電価格が異なっていることもあります。
もちろんメリットも数多くあり、売電で月々の電気代がお得になることや、設置代にしても売電20年で元が取れることにもなります。
売電を考えての設置でしょうから、やはりメリットは絶対に損をしないということで、複数から見積もりを取って比較・検討をすることは絶対条件です。


住宅用太陽光発電システムを導入するにしてもシミュレーションは行いますが、安い業者によって施工がいい加減であったり、メーカー推奨のケーブルを使用しなかったり、設置した後のアフターフォローの説明がなかったりなど、気になるのはこうしたデメリットをしっかり説明してくれたり、実体験を教えてくれる担当者が少ないという点です。
20年で元を取れるメリットがある一方で、メンテナンス費用はどれくらいかかるのかも知りたいものです。
また、経過によって発電量が落ちれば、機器の交換はどのくらいの年数で行うのがよいのか、いわゆる元が取れるとして、そこにはメンテナンスや交換費用がカバーできるだけの利益が得られるのか、という点が挙げられます。
これらから言えることは、業者選びがいかに大切であるのかということです。


住宅用太陽光発電システムでは、ソーラーパネルなどの本体は信頼性の高い国内メーカーを選ぶことで失敗は少なくなります。
しかし、業者の事前説明やシミュレーションをうやむやにしたり、工事する業者の技術にムラがあってトラブルが発生しているのも事実です。
絶対にその場で契約しないこと、1つのソーラーパネルを取り付けるにしても3社以上の見積もりを取ることも大切です。
業者も得意・不得意のメーカー品を扱っているため、価格差があります。
それを回避するには、例えば、住宅用太陽光発電システムのパイオニアメーカーの型番と1/kwhあたりいくらなのか、具体的な1つの案で見積もりを出してもらうことがオススメです。
今、住宅用太陽光パネルの単価が下がっていることをご存知でしょうか、性能は高まっているため、ここも狙い目です。

次の記事へ