住宅用太陽光発電の利点や寿命及び関連の制度

TOP > 住宅用太陽光発電について > 住宅用太陽光発電の利点や寿命及び関連の制度

住宅用太陽光発電の利点や寿命及び関連の制度

住宅用太陽光発電が有するメリットには以下のようなものが挙げられています。
1ヶ月にかかる電気代が少なくて済むという点であり、これは日中に作り出した電気を使うことが可能だからです。
かような電気を使うことができれば、電力会社の電気を多く購入する必要がなくなります。
また電気を使用できるだけではなく、電力会社に売却することも可能だとされています。
災害などが発生して停電するような状況であっても、システムにダメージがなければ太陽の出ている時間において電気が使えます。
蓄電池があれば、電気を蓄えることができるので災害などが起こった場合に限らず、夜でも電気の使用が可能になります。
太陽光発電の場合、電気を作り出すのに二酸化炭素を出さないので地球環境に優しいエネルギーだとされています。


住宅用太陽光発電は前に述べているように環境に優しく、余っている分は電力会社に売却できます。
また日中に電気を作り出すことができますし、災害などによる停電でもシステムにダメージがない限り太陽の出ている状況であれば使用が可能です。
かような点で太陽光発電は有益だと思われますが、寿命は何年なのかに関して気になるところだと考えられます。
ある国家機関によって定められている耐用年数は17年ですが、実際の寿命は長いと言われています。
ソーラーパネルは20年から30年保てるとされていて、出力におけるメーカーごとの保証期間は25年であるのが普通です。
ちなみに、太陽光発電に必須だとされるパワコンは常時運転していて消耗が激しいことから、ソーラーパネルより寿命が短いと言われています。
メンテナンスですが、危険であるのみならず故障の原因になるので自力ではやらないで業者にしてもらうのが無難です。


今日において、作り出された電気を一定の値段などで電力会社に買い取ってもらうことを保証するという制度が存在しています。
ただし、その電気は再生可能エネルギーの設備を用いて作り出されたものを意味していて、水力発電や風力発電などが挙げられます。
太陽光発電もその制度の対象になっていますが、この発電の場合は全量のタイプと余剰電力のタイプがあります。
前者は20年間の固定で電気を全て買い取るという制度であり、後者は余った電気を10年間の固定で買い取るという制度です。
出力の大きさによって適用されるタイプに違いがあり、一定以上の出力であれば前者、それ未満の出力であれば後者がそれぞれ適用されます。
ちなみに、この制度は2014年に始まっていますが、過去に改正されたことがあります。

次の記事へ