住宅用太陽光発電のメリットと建物の断熱性

TOP > 住宅用太陽光発電について > 住宅用太陽光発電のメリットと建物の断熱性

住宅用太陽光発電のメリットと建物の断熱性

住宅用太陽光発電には、温度に関するメリットがあります。
太陽光発電は、ソーラーパネルは必要です。
住宅の屋上部分などにパネルを設置して、自家発電できる状態にする訳です。
その自家発電には様々なメリットがあって、例えば光熱費です。
自宅に電力を供給したいなら、電力会社から買う選択肢もあります。
ですが電力会社よりは、むしろ自家発電の方が費用が安く済むという声も多いです。
確かにパネルを設置するのは、費用はかかります。
しかし一旦パネルを設置しておけば、電力会社から買う必要もなくなりますから、電気代を節約できる訳です。
現に省エネ住宅などは、屋上部分にパネルが設置されている事も少なくありません。
ですから光熱費を気にしている方々は、しばしば太陽光発電を検討していますが、それに加えて断熱性のメリットもある訳です。


一戸建て住宅に住んでいる方々は、しばしば夏の暑さで閉口しています。
夏になれば気温が非常に高くなってしまいますが、その主な原因は屋上部分に対する日光です。
強い日差しが屋上に当たり続ければ、室内温度も高くなってしまいます。
ですが、それも住宅の断熱性次第です。
断熱性が充実している住宅であれば、太陽の熱が室内に入りづらくなりますから、夏でも快適に過ごしやすくなります。
どうすれば断熱性を高められるかというと、冒頭で触れた住宅用太陽光発電です。
そもそもソーラーパネルは、太陽の光を吸収してくれる性質があります。
太陽の光エネルギーを活用して、発電する事になるからです。
それで室内に太陽の熱が入りづらくなるので、夏でも比較的快適に過ごせるようになります。
夏だけでなく、冬も同様です。


冬の時期は、室内温度は極端に低くなってしまうケースがあります。
特に一戸建て住宅はその傾向が顕著で、マンションよりも寒いという声も多いです。
一戸建ての場合、マンションよりは気密性が充実していません。
建物内の暖気は外に逃げやすい性質がありますから、たとえ暖房を運転していても、暖かい空気も外に放出されやすいです。
ところがソーラーパネルを屋上部分に設置しておくと、暖気は逃げづらくなります。
ソーラーパネルは、熱を遮ってくれる性質があります。
建物の中から逃げる熱を、ソーラーパネルが食い止めてくれるようなイメージです。
ですから冬の時期でも、建物内の温度は比較的暖かくなりやすいです。
つまり住宅用太陽光発電を導入しておけば、室内温度も快適になりやすい訳です。
断熱性を充実させたいのであれば、その発電は前向きに検討してみる価値があります。

次の記事へ